×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


EB-AX2 グレイズアイン
1/144HG IBO
2016年4月発売 2016年08月27日UP


「なんてことだ…罪は止まらない、加速する!」









文字通りの人機一体を果たした衝撃のラスボス、グレイズアインが、1期放送終了から約半月後にキット化されました。
漆黒のボディにえげつない戦い方は恐怖そのものでしたし、上司であるガエリオの悲劇も重なって、陰惨なイメージの強い機体でした。(;´Д`)





ひと目でグレイズベースの機体とわかりながらも、肩と四肢が延長され、二回りほど大型化されています。
共通パーツはフレーム部分が半分ほどで、外装に関してはほとんど新規です。





バックパックには二振りの専用大型アックスがマウントされていて、バックパックアームが可動して、取り外すシーンも再現出来るようになっています。





巨大アックス二振りは非常に迫力あるのですが、何故か平手にピンで接続する方式なので、しっかり握られていないように見えてしまって、イマイチ格好付きません。(;´▽`)
パイルバンカー用の平手と共用させるための苦肉の策だったのかしら。





関節部に外付けされた肩アーマーには、肩部収納式機関銃を内蔵。
機関銃部分は差し替えで再現。
設定では後方への射撃も可能だそうですが、残念ながら可動はせず。(^^;





四枚爪の独特な足首は、円錐状に閉じたドリルキックを差し替えで再現。
ラフタを殺った…と思ったら普通にピンピンしてたアレですw
足首はKPSプラによるボール接続で、保持力はありますが、少し外れやすいです。





劇中ではあまり使われませんでしたが、マニピュレーターは関節がロックさてて回転する、スクリューパンチ状態も再現出来ます。
平手もそうですが、1パーツなので裏側の肉抜きが目立ちますね。(^^;
パイルバンカーは差し替え無しで打突状態に出来ます。(*´▽`)





ガンダムフレーム機にすらほとんど苦戦しなかったバルバトスをギリギリまで追い詰めたところに、ラスボスの貫禄を感じさせましたね。(*´▽`)





フレームはボディ、腰、股関節から太腿までがグレイズと共通で、それ以外は全て新規フレームになっています。
通常のグレイズと比べると、1/100キット並のでかさなのがわかると思います…!






■色分け・造形:★★★★☆
足りない箇所は足首の爪、パイルバンカーの収納部、バックパック中央くらいですかね。
手首やバックパック、フレーム部に肉抜きが目立つので、肉抜きを埋めて作る人はかなり大変かも。(;´▽`)


■可動範囲:★★★★★
腰サイドアーマーが無くなったので、腰が360度回るようになりました!w


■付属品・ギミック:★★★★
劇中の武器は全て再現されていますが、アックス持ち手だけはどうしてもイマイチに感じてしまいます。(;´▽`)


総評:★★★★☆
定価1500円で1/100キット並の巨躯を再現しているので、価格を抑えるために肉抜きやパーツ数を削減するための工夫(苦肉の策?)があちこちに見られますね。
ですが、可動や色分けはかなりの再現度なので、細かいことを気にしなければ、充分なコストパフォーマンスだと思います。(*´▽`)







Back



レンタルCGI ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ